お屠蘇は漢方薬?

東洋医学の豆知識-東洋医学・漢方・鍼灸を学ぶ

「お屠蘇気分もほどほどに・・・」「お屠蘇気分も早々吹き飛んで・・・」などと日常的にも使われる「お屠蘇」という言葉。

ほろ酔い気分に浸ったりする言葉なので、私は“お屠蘇=お酒”というものだと思っていました。

しかししかし、お屠蘇とは漢方薬だったのであります。
それを知ったのは、奥さんの実家に行った時、義母が出してくれた本物のお屠蘇に出会ってから。




お屠蘇に使われる漢方生薬は、地域の伝承などや、家庭で伝わるものなどで様々なものが使われるそうですが、山椒(さんしょう)、白朮(びゃくじゅつ)、防風、桔梗(ききょう)、桂皮(けいひ)、陳皮、丁子、小茴香(しょうういきょう)、浜防風などが一般的だそうです。
そしてそのルーツは、あの『三国志』に出てくる伝説の名医、華佗(かだ)の「八神散」に辿ることができるとか。

これらの生薬の性格と見てみると、胃腸の働きを活発にするものが多いです。

胃腸は健康の基本ですから、おめでたい新年の席で、家族の健康を祈りながら飲み継がれてきたのでしょう。

お屠蘇はお酒のイメージが強いですが、みりんに浸けても良いので、ドライバーや年少者がいるご家庭では、みりんでお屠蘇を造ってみるのも良いかと思います。

今年はもう三が日も過ぎてしまい、お仕事が始まった方もいるかと思います。
来年はこの記事を思い出して、“お屠蘇気分”に浸ってみてはいかがでしょうか?

【おすすめのお屠蘇関連の商品】
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です